Wednesday, September 13, 2017

ELECTRO CARAVAN 2017 - November 11th, 2017 - artist profiles

  Yoko

2003年関西ベリーダンス界の礎であった"カリーラ師"にオリエンタルダンスを師事。2006年にトライバルベリーダンスに出会い独学で学び始め、2008年にトライバルのメッカであるサンフランシスコに単身渡米し、ATS®をFat Chance Belly Dance®のKae Montgomeryに師事。またTribal Fusionの様々なクラスに通う。ピュアなATSとトライバルフュージョンを目の当たりにしてまた深く魅了され、帰国後は現地で体感したリアルなトライバルに敬意を払いながら、オリジナルのトライバルスタイルを探求し続けている。2016年、Suhaila Salimpour Format Level 1 Certification 取得。オリエンタルとトライバルの共存をはかり関西のトライバルシーンを広めるべくNesma Bellydanceに所属しトライバル部門を担当する。



  Hazuki

2009年ベリーダンスに出会い、2010年よりトライバルの基礎であるATS®をYoko師に師事。2015年『多伽羅尼』に加入し、様々なイベント・ショーに出演。2016年、Fat Chance Belly Dance®のTeacher Certificationを取得し、FCBD® Sister Studioとして年齢、国籍、性別を越えたボーダーレスで即興群舞の魅力に満ちた、ATS®のさらなる波及を目指す。NESMA bellydance 所属。












  Yuri

幼少期より器械体操を習い、学生時代にストリートダンスを始め、その後ベリーダンスに出会う。その繊細な動きと神秘的な世界に魅了される。現在はフュージョン、トライバルスタイルを習得中。




















Yeşim

Yeşim (イェシム)は、トルコ語で翡翠の意。7歳よりクラシックバレエを始め、2012年にベリーダンスと出会いKerimeに師事。大阪福島トルコレストラン「イスタンブールハネダン」メインダンサー、その他関西を中心に様々なイベントに出演、Laleli Bellydance(ラーレリベリーダンス)としてイベント主催も行っている。2016年サンテレビ「Bull Rock TV」出演。Laleli Bellydance代表。
















Samia

中近東の音楽が好きだったことや女性の踊り、裸足で踊るということにインスピレーションを受け、2004年ベリーダンスをKallila師に師事しオリエンタルスタイルの基礎を学ぶ。2007年よりSamarに師事し引き続きオリエンタルスタイルを学び、師率いるLulu Al Samaのメンバーとして様々なショーやイベントを経験する。2016年独立し、オリエンタルスタイルをベースとしながらより自由なフュージョンスタイルにも挑戦中。


 Axe

Tribal Fusion Belly Dancer & Instructor。2007年にベリーダンス、そのジャンルの中のトライバルフュージョンスタイルに出逢い、今に至る。 国内外の様々なダンサーから学びを受け、2017年より講師を開始。 音楽との融合&ダンス(人間本来)の込み上げてくる楽しみを追求中。ファッションブランド【HIKARI】アンバサダー。













Jerry Gordon

Jerry Gordon is an improvising artist living in Osaka, Japan. He works mostly in music, acoustic sound and poetry and regularly collaborates with various other musicians, dancers and visual artists. He often performs solo and as a member of various units. In addition, he regularly organizes sound/dance/art events in the Osaka area. He is the director of MIIT House--an old meat-processing shop--where he is currently organizing a project called Miniatures, which emphasizes exploring small sounds in a space where the audience is very close to the performers. As well, he was born in the year of the dragon in the City of Angels.


日本・大阪在住の即興アーティスト。辰年に「天使の街」で生まれる。
主に音楽、アコースティック・サウンド、詩のパフォーマンスや作品を発表し、さまざまなミュージシャン、ダンサー、ビジュアルアーティストとコラボレーションをする。ソロをはじめとし、さまざまなユニットでも演奏をする。さらに、大阪でサウンド/ダンス/アートイベントを定期的に企画する。元精肉工場であったMIIT Houseのディレクターで、パフォーマーと観客が至近距離で小さな音を体験するプロジェクト「Miniatures」を続けている。




  Mizuki

様々な音楽活動を経て、ユニットChandana のボーカルの傍らNesma belly dance 所属多伽羅尼でトライバルダンサーとしても活動している。Teens music festival 奄美地区大会ではオーディエンス賞 受賞 経験ありの奄美大島出身のシンガー。


















 Nalika (Swati Tribal Bazaar)

(ベリーダンスの師Mishaalより。ヒンディ語で*Lotus*)幼少期からバレエに情熱を注ぐ。2006年インドのRishkesh、YOGA Niketan Ashramにて短期YOGA修行。2007年東京表参道Devadasi Studio Mishaalの元ベリーダンスを学ぶ。ベリーダンスのルーツを追い求めているうちにジプシー発祥の地インドのラージャスタンに辿り着く。2009年より毎年ラージャスタンを訪れ、長期滞在し、現地のKalberia dancer *Raki Kalbelia*を始めラジャスタン中のカルベリアダンサーと交流を深め、ダンス,生活,文化などを学ぶ。又、昔からマハラジャに芸能を捧げてきたラージャスタンの芸能民マンガニヤールの楽士たちとラジャスタン中を周り、インドの様々な場所で踊っている。現在は活動拠点を東京から関西に移し、海外からのダンサーのフロントアクトやレギュラークラス、イベント出演などを行い、自身も参加するKalbelia Troupe *Gypsy Chandra*としても活動し、日本でラージャスタンのカラフルでパッション溢れる音楽とダンスを広めている。踊りへの追求も終わりがなく、国内外ダンサーのワークショップやクラスを積極的に受け、魅了され続けているベリーダンスとインド/ラージャスタンのダンスを通して独自のスタイルを追求している。




 Charles-Eric Billard (Cloneliness)
Multidisciplinary artist from Canada.  Since 2001, He has been living in Japan, pursuing video, painting and collage work as well as sound art and music. His work has been exhibited at galleries and art centers in Japan, France, Spain, Canada and the United States. Since 2007, he has been actively involved in creating string instruments called slitars, three of which are being shown as a permanent installation at the ECHIGO-TSUMARI ART TRIENNALE. As a sound artist and musician, he is involved in music bands SMOULDERING DOOR, PLASTIC MANTRA and FAKE FUR ROOM. He is the organizer of TAKEDAO TUNNEL ART EVENT, a yearly event welcoming all genres of performances and visual arts and ELECTRO CARAVAN, an event focused on belly dance, video projections and live music. 



Thursday, February 18, 2016

ELECTRO CARAVAN - April 10th, 2016 - NOON CAFE-DEPOT - アーティストプロファイル

SAMIA

2004年ベリーダンスをはじめる。オリエンタルをベースにしながらより自由な表現をするべく挑戦中。


-------------------------------------------------------------


YEŞIM

7歳よりクラシックバレエを始める。2012年にベリーダンスと出会いkerimeに師事。トルコレストラン「イスタンブールハネダン」メインダンサー、その他レストランショーやイベントに定期的に出演し、インストラクターとしても活動中。



-------------------------------------------------------------


セイラ真知子

3歳から12年間クラシックバレエを学び、カンパニーの公演にも数多く出演する。神戸大学の人間表現学科にて各地の民族音楽や民族舞踊、身体表現を学ぶ。オリエンタルスタイル及びトライバルフュージョンベリーダンスを追求し続けている。

http://machikosara.blogspot.jp/
http://flodareo.com/



-------------------------------------------------------------


 YURI SUMISUU

 幼少期より器械体操を習い、学生時代にストリートダンスを始め、その後ベリーダンスに出会う。その繊細な動きと神秘的な世界に魅了される。現在はフュージョン、トライバルスタイルを習得中。



-------------------------------------------------------------


アダチマミ

19歳の頃に出会ったアフリカンダンスを通して、リズムで踊る楽しさに興味を持つ。2012年よりIL Sey氏に師事し、様々なフュージョンスタイルを学ぶ。音楽の持つパワーを表現できるダンサーを目指し活動中。



-------------------------------------------------------------


AXE

2007年より、独学で学んだ即興フュージョンベリーダンススタイルでアーティストとのコラボレーションを行う。近年は様々なダンサーからトラディショナルな教えを受け初心に戻り中。2010年からはバリ島発信のファッションブランド【HIKARI】にアンバサダーとして加わる。2008、2009、Rachel Brice来日ショーにダンサー華音との幻のDuoで出演。




-------------------------------------------------------------


CELILIA

2010年にベリーダンスを始め、それ以来毎年トルコへ渡り踊りを学ぶ。同時にトルコ語や文化も学び、トルコ人ダンサーの来日時には通訳も行う。2015年Rakkas Istanbul FestivalのTurkish solo style categoryにて優勝。



-------------------------------------------------------------


KERIME

ケリメ アラビア語で寛容の意味、トルコではスルタナの名前

10代よりシンガーとして活動した後Somayyaに出会いベリーダンスの道へ。エレガントでフェミニンなターキッシュオリエンタル、ロマを得意とする。レストランショーレギュラー、企業パーティの他海外のダンサーを日本に紹介する活動も行っている。トルコ、スペインなど海外でもステージに立つ。




-------------------------------------------------------------



NALIKA NATSUKA

NALIKA 2007年より東京Devadasi Studioにてベリーダンスを始める。その後ルーツを探りインドのラジャスタンに辿りつき、毎年現地で経験を積み、日本で広めている。



-------------------------------------------------------------


広本雄次

ソロ活動をメインに などで活動中のタブラ奏者。1995年に渡印。バラナシスタイルのタブラを始める。1999年頃からインド、ドイツで本格的に演奏活動を開始。その後はインド古典音楽だけでなく、様々なジャンルのアーティストと交流し、独自の音を模索し、展開を重ね、関西を中心に積極的なライブ活動を行っている。




-------------------------------------------------------------


MANGROVE KIPLING (FRANCE)

Mangrove Kipling is a musician and sound performer who works with field recordings in performance, or live sounds on stage, generated by a self-designed and enhanced guitar. He has been working with actors of the dance, theater and perfomance arts scenes in many countries, including Japan where he comes for the 3rd time.




-------------------------------------------------------------



増田真吾

2009年、エジプトにてアラビア琴カヌーンを始める。エジプトでサーベル・アブドゥルサッタール氏に、チュニジアでジャメル・アビッド氏に師事。 日本最大級のベリーダンスイベント、東京イフティファールをはじめ、国内外のベリーダンサーとの共演を果たし、その他お祭り、フェス、NHKの番組、寺社仏閣などさまざまな場面で演奏を経験。 現在、アラブやトルコなど地中海近辺の旋法音楽をベースにボーダーレスに活動中。



-------------------------------------------------------------



SEFA ŞIMŞEK

5 歳からサズを始める。12 歳で数多くの優秀なサズ奏者を輩出している Arif Sag 音・楽学校で Emre Saltik 氏から本格的にサズを学ぶ。同時にコンサート、 TV 、ラジオ等でプロとしての活動を開始。 コンサートでトルコ各地を回る機会に恵まれ、卒業後も地中海地方、黒海地方、カッパドキア等、各地を旅しながらサズ奏者・サズ教師としての実績をつむ。 日本であまり知られていないサズだが、中東、トルコ音楽をもっと身近に感じてもらいたくイベント、コンサート、学校や美術館等での演奏活動に参加。また様々なジャンルのパフォーマーとのセッションにも取り組んでいる。 サズ、ウード、ジル(フィンガーシンバル)教師としても活動中。



-------------------------------------------------------------



SHUNSUKE OKAZAKI

Manager at アジアン創作料理バル マルコ ノスタルジ and Player & Instructor at Overtone singing.




-------------------------------------------------------------



CHARLES-ERIC BILLARD

絵画・コラージュ・映像・サウンドアートなどの多岐にわたるアーティスト。2001年より日本に活動の拠点を移す。サウンドアート・コンテンポラリーダンス・ベリーダンス・伝統舞踊・詩などのさまざまな分野とのコラボレーション・イベントの企画にも取り組んでいる。最近は独自の楽器とパソコンの音楽のバンド「Smouldering Door」、「Plastic Mantra」や「Fake Fur Room」の活動に精力的に取り組んでいる。




-------------------------------------------------------------


RICK TUAZON (USA)

Currently California based, Rick Tuazon meanders interpretations of the subconscious playground through various technologies and customized applications.



-------------------------------------------------------------


STEPHANE  GŁADYSZEWSKI (CANADA)

In his studio-laboratory, Stéphane Gładyszewski conducts 'technorganic' experiments through which he attempts to reveal the hidden part of our multiform corporeality. Situated at the crossroads between performance, visual, and digital arts, his work seeks to explore the limits of perception.




-------------------------------------------------------------



MARTIN LEMIEUX (CANADA)

Since 2003, L E M M has developed an hybrid practice that combines digital art, drawing and performance. He also collaborates on dance and theater shows, intergrating live video during performances.




-------------------------------------------------------------


ADAMO MACRI (CANADA)

Adamo Macri is a Canadian artist who works in photography, painting, drawing and sculpture. Distinctive themes interweave in his works such as the forbidden, identity, contamination, nature and its complexities. Macri has exhibited in numerous art institutions worldwide.

http://adamomacri.blogspot.jp 

 


-------------------------------------------------------------


MARGINALMAN A.K.A. TUTTLE

辺境と言われるような世界各国の過去の音楽から、サイケ、ジプシー、ルンバといった種をレア・グ ルーヴ的観点から掘り起こして、そこからのグルーヴの抽出。また、そのアクの強さうえに立ち位置なく、短命に終わってしまったダンスミュージック、例えば エレクトリック・ボディーやニュービート、バングラビートなどを代表としたダンスミュージックの狭間に生まれた偶然にして必然の産物群などを意図的にプ レーする名義がマージナル・マンである。普段BASSMUSIC、TECHNO、HOUSEをプレーするTUTTLEのもうひとつの顔。


-------------------------------------------------------------


GUIDO

Archduke of Metal Work. Baron of Analog Technologies. Marquis of Personal Connections. Viscount of The Most Unbelievable Stories Ever. Archbishop of Barter. Emperor of Oblique Strategies. Jack of Almost All Trades.



-------------------------------------------------------------



YAMADA UKIC

2014年コンクールの受賞により、作家活動を開始。個展、グループ展、ライブペイントなど主に関西を中心に活動中。